違反事例【12】

セミナーバナー

消費者庁がインターネットにおける健康食品等の虚偽・誇大表示の改善を要請

独立行政法人 国立健康・栄養研究所:2013年2月1日掲載

http://hfnet.nih.go.jp/contents/detail2233.html
 

 注意喚起および勧告内容

2013年1月31日、消費者庁がインターネットにおける健康食品等の虚偽・誇大表示の改善を要請。
 

 解説

消費者庁が2012年7~9月に、下記の方法でインターネットにおける健康食品等の虚偽・誇大表示の監視を行ったところ、51事業者(53製品)の表示において、虚偽・誇大表示(健康保持増進効果等)が確認された。消費者庁は当該事業者に表示の適正化を要請。
 
<監視方法>
 (1)監視期間:
  2012年7月から9月(平成24年度第2回)
 (2)検索方法:
  ロボット型全文検索システムを用いて、キーワードによる無作為検索の上、検索されたサイトを
  目視により確認
 (3)検索キーワード:
  「放射線」、「放射性物質」、「被ばく」、「免疫力向上(アップ)」等の放射性物質等を吸着、
  排出、排泄する、被ばくを軽減するなどの効果を有するかのような表現等

 

※ニュースサイトへのリンクはリンク切れをおこしているケースもございます。ご了承ください。


ページトップへ

l HOME  l 薬事コンサルティングについて  l セミナー情報  l 薬事法広告研究所とは?  l 薬機法について l