違反事例【24】

セミナーバナー

米国FDAが医薬品成分(デキサメタゾンンなど)を含む製品に注意喚起

独立行政法人 国立健康・栄養研究所:2013年2月22日掲載

http://hfnet.nih.go.jp/contents/detail2240.html
 

 

 該当製品

「Reumofan Plus」
 

 注意喚起および勧告内容

2013年2月19日、米国FDA(U.S.Food and Drug Administration)が医薬品成分(デキサメタゾンンなど)を含む製品「Reumofan Plus」に注意喚起。
 

 解説

当該製品は筋肉痛、関節炎、骨粗しょう症、骨肉腫などによいと謳って、緑色と金色の箱(30錠入り)でインターネットにて販売されていたが、医薬品成分(デキサメタゾン、ジクロフェナク、メトカルバモール)を検出。当該製品との因果関係が疑われる健康被害が1例報告されている。

※製品パッケージがリンク先に掲載されています。ご確認ください。

 
※ニュースサイトへのリンクはリンク切れをおこしているケースもございます。ご了承ください。


ページトップへ

l HOME  l 薬事コンサルティングについて  l セミナー情報  l 薬事法広告研究所とは?  l 薬機法について l