『化粧品広告』守るべきルール(薬機法)と
 すぐに使える具体的な表現テクニック


\大好評/オンラインセミナー(Zoomライブ配信)

今すぐ役立つ!化粧品広告オンラインセミナー
5月に初めてのオンラインセミナーを行い、参加者の皆さんから「投票機能を使ったクイズがあって参加している感じがした」「集合セミナーでは質問がしにくいけど簡単に質問ができてよかった」「急な用事が入ったけど、録画配信があったので助かりました」というお声をいただきました。

今回もオンラインセミナーの特性を生かしつつ、化粧品の広告にはルールがあることをしっかり学ぶ「基礎編」と最新の広告事例から行政動向までを踏まえた「実践編」を開催いたします。どちらか一方だけの参加も可能なので、ニーズに合わせてご受講ください。

概要

【日時】

<基礎編> 2020年7月3日(金)14:00~16:00
<実践編> 2020年7月9日(木)14:00~16:00

※両日ともに13:30にZoom入室開始
※途中5~10分程度の休憩あり

【会場】

Zoomでのオンラインライブ配信
※Zoomが初めての方も安心してお申し込みください。スタッフが丁寧にサポートします。

受講料(テキスト代込み)


※お申込みは締め切りました。

セミナー内容

【基礎編】2020年7月3日(金)14:00~16:00

初めて化粧品の広告に携わることになった化粧品通販/ECの会社の方、広告代理店の方、ライターの方など、また、あらためて基本を復習したいと思っている経験者の方まで、これさえ押さえておけば大丈夫という知識と情報をお届けします。

1.化粧品広告の基本とルール
(1)化粧品と薬機法の関係
(2)化粧品・医薬部外品・医薬品の区別をつける
(3)化粧品等で守るべきルール
(4)化粧品で標ぼう可能な56の効能効果
2.医薬品等適正広告基準
(1)特に注意するべきこと
(2)特記表示のルール
3.業界団体による自主基準
(1)化粧品等の適正広告ガイドライン
(2)化粧品の表示に関する公正規約
4.具体的な事例で理解を深める
(1)美白・シミの表現
(2)小じわに関するルール
(3)よく使われる広告表現はOKかNGか

▼予習・復習ができる充実のテキストを事前に配布いたします。
(セミナー開催の前日までにダウンロードするURLをご連絡します)

【実践編】2020年7月9日(木)14:00~16:00

最新の広告事例をもとに、その中に隠されたテクニックや考え方、どのワード/表現/手法が危険なのかを解説するとともに、今のトレンドを捉えて、魅力的な表現を生み出す実践的なスキルを公開します。

1.粧工連の広告ガイドライン改訂で変わったこと
(1)浸透表現
(2)医療関係者の推せん表現
(3)「効能評価試験済み」の表現
(4)実感
(5)化粧品における配合成分の特記表示

2.最新の事例をもとに、考え方と訴求力のある表現を学ぶ
(1)「エイジングケア」表現をする際の注意点
(2)「体験談」の考え方と気をつけるべきポイント
(3)「使用前使用後」でできること/できないこと
(4)事前質問の中から注目の内容をピックアップ

▼予習・復習もできる充実のテキストを事前に配布いたします。
(セミナー開催の前日までにダウンロードするURLをご連絡します)

※両講座とも内容が一部変更になる可能性がございますので予めご了承ください。
※お申込みは締め切りました。

まきこ先生がセミナーを動画で紹介します



稲留 万希子(薬事法広告研究所 代表)

東京理科大学卒業後、大手医薬品卸会社を経て薬事法広告研究所の設立に参画、副代表を経て代表に就任。数々のサイトや広告物を見てきた経験を基に、“ルールを正しく理解し、味方につけることで売上につなげるアドバイス”をモットーとし、薬事広告コンサルタントとして活動中。日々、大型セミナーから企業内の勉強会まで、年間100本を越える講演をこなす。

受講者の皆様からたくさんのお声をいただきました!


※お申込みは締め切りました。

Q&A

Q1:Zoomの操作がわからない場合はどうすればよいですか。
⇒事前のメールでZoomの利用方法をご案内いたします。個別のご相談もお受けしますので、遠慮なくご連絡ください。

Q2:PC以外での受講もできますか。
⇒PCを推奨しておりますが、タブレット/スマホでの受講も可能です。

Q3:テキストはいつもらえるのですか。
⇒セミナー開催の前日までにダウンロードするURLをメールにてご連絡いたします。

Q4:領収書の発行は可能ですか。
⇒決済代行会社(Peatix)申込時のメールからご自身で発行することができます。

Q5:キャンセルはできますか。
セミナー開催の前日18:00までにお電話もしくはメールにて下記のセミナー事務局までご連絡ください。受講料は後日返金いたします。キャンセル期限日を過ぎますと参加費のご返金はできません。あらかじめご了承ください。

Q6:開始時間に間に合わない場合、途中からの参加はできますか。
⇒途中からの参加も可能です。見逃した部分は録画配信でご覧いただくことができます。

Q7:当日急な用事などで参加できなくなった場合はどうなりますか。
⇒録画配信をご覧いただくことができますので、原則、返金はございません。やむを得ない事情で期限までに録画配信をご覧いただけない場合はご連絡ください。

Q8:録画配信はいつまで観ることができますか。
⇒基礎編は7/8、実践編は7/14まで視聴いただけます。

Q9:セミナー申込から前日までの流れについて教えてください。
こちらのページをご確認ください。

Q10:セミナー当日の流れについて教えてください。
こちらのページをご確認ください。

お問い合わせ先:薬事法広告研究所 セミナー事務局
<メール>seminar@89ji.com <電話>03-6228-6892(土日祝を除く9:30~18:30)

※お申込みは締め切りました。



ページトップへ

l HOME  l 薬事コンサルティングについて  l セミナー情報  l 薬事法広告研究所とは?  l 薬機法について l