Vol.245 実践薬事マーケティング

セミナーバナー

Vol.245 実践薬事マーケティング

 ハマる人急増中!新ジャンルのヘルスケア

~人気の「エナジードリンク」はどこまで言えるか?!~
 
 
—————————————————————–
▽▲ヘルスケアに新ジャンル!若い世代に人気のエナジードリンク▽▲
—————————————————————–
日中は随分と温かくなり、いよいよ本格的な春到来!
気持ちも新たに張りきっていきたいものですが、
思うように動けない…という方も多いのではないでしょうか。

実は春は1日の気温差が激しく、
体内のリズムが乱れやすくなっているとか…。
異動や新入社員の加入などで職場環境も変わる為、
疲れがたまりやすい時期でもあります。

そんなビジネスパーソンに人気なのが「エナジードリンク」。
ジュース感覚で飲めるという手軽さから、
ハマるファンが急増しているそうです。

若い世代の方には1日1本は飲む…という人もいるほど、
新たなヘルスケアとして注目される「エナジードリンク」ですが、
薬事表現を整理する前に、まずは
アンケートからそのブームを探っていきましょう。

—————————————————————–
▽▲時には2本、毎回2本?!アルコールと組み合わせる人も!▽▲
—————————————————————–
 ■出典
  マーシュ
  『エナジードリンクに関するアンケート』より一部抜粋

 ■調査対象者
  高校生以上の10代~40代の男女1600人
 (年齢構成:10代 25%、20代 25%、30代 25%、40代 25%)

「エナジードリンク」という新ジャンルが登場するほど、
ここ数年で急激に認知度を上げていますが、実際のところ
どのくらい知られているのでしょうか?

Q1からさっそく探っていきます!
┌───────────────────────────────
│Q1、次にあげるエナジードリンクのうち、
│   あなたがご存知の商品をすべてお選びください<複数回答>
│ 
│ ◎レッドブル               ・・・73.0%
│ ◎モンスターエナジー           ・・・34.1%
│ ◎バーン エナジードリンク        ・・・16.7%
│ ◎レッドブル・シュガーフリー     ・・・16.1%
│ ◎モンスターカオス    ・・・13.9%
│ ◎ロックスター         ・・・8.8%
│ ◎シャーク     ・・・3.8%
│ ◎マッドクロック    ・・・3.6%
│ ◎ビーストアイ         ・・・3.1%
│ ◎ライジン     ・・・2.9%
│ ◎この中に知っている商品はない    ・・・8.4%
│ ◎エナジードリンクが何かわからない   ・・・16.1%
└───────────────────────────────

「エナジードリンク」の火付け役ともいうべき「レッドブル」が
2位以下に大差をつけてトップに。

とはいえ、2位の「モンスターエナジー」は2012年5月に、
3位の「バーン エナジードリンク」も2012年3月に発売と
日が浅いにも関わらず、すでに高い認知を得ていることから
「エナジードリンク」の急激な成長が伺えます。

続いてはQ1でいずれかの「エナジードリンク」を知っていると
答えた方のみへのクエスチョン。
さらに詳しく見ていきましょう!

┌───────────────────────────────
│Q2、【Q1でエナジードリンクを知っていると答えた方限定】
│   ご存知の商品のうち、あなたが購入して飲んだことのある商品を、
│   すべてお選びください<複数回答>
│ ※無料配布、無料クーポン、プレゼント等で貰って飲まれたものは除く
│ 
│ ◎レッドブル               ・・・39.2%
│ ◎モンスターエナジー           ・・・15.1%
│ ◎レッドブル・シュガーフリー     ・・・7.4%
│ ◎モンスターカオス    ・・・6.4%
│ ◎バーン エナジードリンク        ・・・6.0%
│ ◎ロックスター         ・・・3.6%
│ ◎シャーク     ・・・1.6%
│ ◎マッドクロック    ・・・1.4%
│ ◎ビーストアイ         ・・・1.2%
│ ◎ライジン     ・・・1.2%
│ ◎購入して飲んだことがある商品はない   ・・・57.0%
└───────────────────────────────

認知度と実際の購入ではランキングに若干の変動はありますが、
おおむね知名度=購入人数という結果に。

その一方で「エナジードリンク」は街頭でサンプリングする
というPR手法が多くとられていることから、認知度の高さに比べ、
57%の方が「購入して飲んだことがある商品はない」と回答しています。

Q3からはいよいよ「エナジードリンク」の利用状況について。
Q5まで一気に見ていきましょう!

┌───────────────────────────────
│Q3、【Q2でエナジードリンクを購入したことがあると答えた方限定】
│  エナジードリンクをどのくらいの頻度で飲んでいらっしゃいますか?
│   <単一回答>

│ ◎ほぼ毎日               ・・・2.3%
│ ◎週に4~5日程度             ・・・2.7%
│ ◎週に2~3日程度             ・・・9.8%
│ ◎週に1日程度       ・・・12.3%
│ ◎月に2~3日程度   ・・・18.1%
│ ◎それ以下の頻度     ・・・39.7%
└───────────────────────────────
┌───────────────────────────────
│Q4、【Q3で月に1日以上エナジードリンクを飲むと答えた方限定】
│  エナジードリンクを飲まれる際の1日に飲む本数として、
│   あてはまるものをお選びください<単一回答>

│ ◎1本だけ飲む              ・・・85.3%
│ ◎基本は1本だが、2本以上飲むことがある  ・・・12.5%
│ ◎ほぼ毎回、2本以上飲む          ・・・2.2%
└───────────────────────────────
┌───────────────────────────────
│Q5、【Q3で月に1日以上エナジードリンクを飲むと答えた方限定】
│  普段、どのようにしてエナジードリンクを飲んでいらっしゃいますか?
│   あてはまるものをお選びください<複数回答>

│ ◎そのままで              ・・・90.7%
│ ◎他の飲み物(炭酸あり)と混ぜて     ・・・9.6%
│ ◎他の飲み物(炭酸なし)と混ぜて   ・・・5.8%
│ ◎アルコールと混ぜて(カクテルとして)  ・・・4.2%
└───────────────────────────────

「ほぼ毎日」は2.3%にとどまっているものの、
「1週間に一度」など習慣化している方は約25%以上!
「月に2~3日程度」まで広げると約60%になる為、
やはり人気が高いと言っていいでしょう。

そして特徴的なのが「1日に飲む本数」。
「ほぼ毎回2本以上」、「基本は1本だが、2本以上」という人が
約15%近くもいるなど、「1日1本」が基本の健康ドリンクとは
異なる傾向が伺えます。

さらに炭酸やアルコールなど「他の飲み物と混ぜる」という
回答も多く、「楽しみながらヘルスケアできる」というのが
「エナジードリンク」の人気の秘訣であることがわかります。

最後は「エナジードリンク」を飲む目的について。
これを見れば「エナジードリンク」がどのような人に
支持されているのかが明らかに!

┌───────────────────────────────
│Q6、【Q3で月に1日以上エナジードリンクを飲むと答えた方限定】
│   エナジードリンクをどのような時に、どのような目的で
│   飲んでいらっしゃいますか?<複数回答>

│ ◎疲れているとき(疲労回復)     ・・・57.2%
│ ◎元気が欲しい        ・・・46.6%
│ ◎リフレッシュしたい       ・・・39.6%
│ ◎気合いを入れたい        ・・・39.6%
│ ◎気分を上げたい    ・・・30.7%
│ ◎これから疲れそうな時(疲労予防)    ・・・26.8%
│ ◎炭酸の刺激が欲しい ・・・21.4%
│ ◎のどの渇きをいやす      ・・・16.6%
│ ◎ひと息つきたい             ・・・16.0%
│ ◎その他         ・・・1.8%
└───────────────────────────────

「疲労回復」「元気」「気合い」「気分を上げたい」
などが上位にランクイン!

「疲れ」については「回復」だけでなく「予防」目的という人も多く、
ここからも「エナジードリンク」にヘルスケアとしての効果を期待して
いることが伺えます。

—————————————————————–
▽▲栄養補給でもマイナス状態の人へはNG!▽▲
—————————————————————–
炭酸やアルコールと一緒に楽しむことができるなど、
新しいヘルスケアとしてますます支持が高まっていきそうな
「エナジードリンク」。

若い世代を中心に人気があるので、
ニーズにあったコピーで心をつかみたいものですが、
「エナジードリンク」も健康食品である為、
広告表現にはかなりの注意が必要になります。

つまり、標ぼうできるのは
健康維持、健康増進、美容、栄養補給など・・・。

栄養補給についてはあくまでも「健康な人」に対して可能であり、
病中、病後の人や、食欲減退など、「マイナス状態」の人に
対しては『身体機能の改善や向上』となる恐れがある為、
全て不可になります。

では具体的にどのような標ぼうならば可能なのでしょうか?

「エナジードリンク」の「エナジー」とは「エネルギー」
と同じ意味を持つ為、やはり何かしらの増強を期待して
飲む人が多いと思いますが、

————————————–
× パワーアップ
× エナジー(エネルギー)アップ
————————————–
となると『身体機能の改善や向上』となる恐れがある為、不可に。

—————————————
○ パワーチャージ
○ パワープラス
○ エナジー(エナジーorエネルギー)チャージ
○ エナジー(エナジーorエネルギー)プラス
○ カラダにパワー(エナジーorエネルギー)が満ちていく
—————————————
などでしたらお使い頂けます。

また、
—————————————
みなぎるパワー(エナジーorエネルギー)
—————————————
はやや過剰な表現にも見受けられますが、
『体にパワー(エナジーorエネルギー)がみなぎるというのではなく、
この1本にパワー(エナジーorエネルギー)成分がみなぎっている
という意味だ』という抗弁もできる為、即不可となる可能性は
低いものと思われます。

またアンケートで「エナジードリンクを飲む目的」で
上位にランクインした項目については是非ともコピーとして
生かしたいところですが、「疲れ」などについてはもちろん不可。
「元気」や「気分を上げたい」についても使い方によっては
薬事法違反となる為、配慮が必要です。

ですが、以下の標ぼうなどであればお使い頂けるので
是非ともチェックしてみてください!

◎疲れているとき(疲労回復)
 →頑張りすぎにお手軽チャージ!
  頑張りすぎに速攻プラス!
  攻めの栄養補給

◎元気が欲しい
 →いつも元気に
  足りない?と思ったら即プラス! 
  活力チャージ 

◎気分を上げたい 
 →上げたい自分に
  ビジネスを上げていく
  自分のエンジンを上げていく

◎これから疲れそうな時(疲労予防)
 →頑張りすぎる前に
  こらから頑張る!という方へ
  守りの栄養補給
 
 
 
 
 

 >>薬事法とは?
 >>景品表示法とは?
  不当な表示の禁止について
  過大な景品類の提供の禁止について
 >>薬事法違反の行政指導のリスクについて
 >>景品表示法違反による行政指導のリスク
 >>広告における薬事法について
  >>広告表現について
  >>実践薬事マーケティング
  >>コピーライティング知恵袋
 >>商材別の広告における薬事法について
  >>化粧品・コスメの広告における薬事法について(1)
  >>化粧品・コスメの広告における薬事法について(2)
  >>化粧品・コスメの広告における薬事法について(3)
  >>サプリメント・健康食品の広告における薬事法について(1)
  >>サプリメント・健康食品の広告における薬事法について(2)
  >>サプリメント・健康食品の広告における薬事法について(3)
  >>医薬品・薬の広告における薬事法について
  >>美容機器・医療機器の広告における薬事法について(1)
  >>美容機器・医療機器の広告における薬事法について(2)
  >>雑貨その他の広告における薬事法について(1)
  >>雑貨その他の広告における薬事法について(2)
  >>雑貨その他の広告における薬事法について(3)
  >>美容機器・雑品の広告における薬事法について
  >>医療機器の広告における薬事法について
  >>医薬品・薬の広告における薬事法について(1)
  >>医薬品・薬の広告における薬事法について(2)
 >>媒体別の広告における薬事法について

ページトップへ

l HOME  l 薬事コンサルティングについて  l セミナー情報  l 薬事法広告研究所とは?  l 薬機法について l