≪実践講座≫2018年総集編 一年の流れを知り、 今のボーダーラインを考える!

2018年12月セミナー内容

12月17日(月)薬事法広告研究所主催セミナー
≪実践講座≫2018年総集編
一年の流れを知り、今のボーダーラインを考える!
2018年総集編 一年の流れを知り、今のボーダーラインを考える!
2018年は、昨年に引き続き、様々な動きがありました。
化粧品では「医薬品等適正広告基準のQ&A」によって使用前後や共同開発に関する考え方が明示されました。
また、ダイエットをはじめ、健康食品を取り巻く環境の風当りはますます強くなるばかりです。

そこで、今年最後のセミナーは「総集編」と題し、今、何に注意をしなくてはいけないのか、
どこまでが可能で、どこからがリスクなのか等、リアルな温度感と対策について解説いたします。

人気セミナーですのでお申込みはお早めに。

第1部《健康食品編》14:00~15:30※満席のためキャンセル待ちとなります。

1)健康食品の監視指導状況

2)厳しさを増すダイエット表現!最新の温度感とは?

3)成分をどこまで伝えられる?~媒体広告や会報誌の温度感~

4)今、注目すべき広告事例

《休憩》15:30~16:00

第2部《化粧品編》16:00~17:30 ※満席のためキャンセル待ちとなります。

1)化粧品の監視指導状況

2)どこまでいける!ビフォーアフター

3)大学との共同開発は一切言えないの?

4)今、注目すべき広告事例

場所 ※前回と会場が異なりますので、ご注意ください

全水道会館
〒113-0033 東京都文京区本郷1-4-1 5F
<交通アクセス>
・JR水道橋駅 東口(お茶の水駅より)下車2分
・都営地下鉄三田線水道橋駅 A1出口1分

<会場地図>

開催日時およびスケジュール

2018年12月17日(月)

 時間  タイムスケジュール
 13:40 – 14:00  受付
 14:00 – 15:30  第1部『健康食品編』
 15:30 – 16:00  休憩※15:40より第2部の受付を開始します。
 16:00 – 17:30  第2部『化粧品編』
 17:30 – 18:00  質疑応答

定員

各講座 40名

受講料

第1部 15,000円(税込)
第2部 15,000円(税込)
>>>お申し込みはこちらから

講師プロフィール

講師 稲留 万希子稲留 万希子(薬事法広告研究所 代表)

東京理科大学卒業後、大手医薬品卸会社を経て薬事法広告研究所の設立に参画、副代表を経て代表に就任。数々のサイトや広告物を見てきた経験を基に、“ルールを正しく理解し、味方につけることで売上につなげるアドバイス”をモットーとし、薬事広告コンサルタントとして活動中。日々、大型セミナーから企業内の勉強会まで、年間100本を越える講演をこなす。

>>>>お申込みはこちらから


ページトップへ

l HOME  l 薬事コンサルティングについて  l セミナー情報  l 薬事法広告研究所とは?  l 薬事法について l