≪プロフェッショナル講座≫
機能性表示食品のエビデンスと広告表現

2020年5月18日(月)開催
※新型コロナウイルス感染症の感染拡大防止のため、4月15日(月)から日程を変更いたしました。

セミナー詳細

「機能性表示食品の事後チェック指針」を徹底解説!
2020年3月に完成版が公表される予定の「機能性表示食品に対する食品表示等関係法令に基づく事後的規制(事後チェック)の透明性の確保等に関する指針」。
こちらを見ただけでは、具体的に何を気を付ければいいのか、どこまでが可能で、どこからがNGとなるのかがわからないというお声をたくさんいただいております。
そこで、皆様が気になるポイントを、具体的事例をもとに分かりやすく解説します。
何が問題視されていて、どうしたらいいのか・・・既に、機能性表示食品を取り扱っている方はもちろん、これから取り扱いを検討されている方にも必見の講座です。

第1部《エビデンス編》14:00~15:30

指針を基に、疑義となり得るポイントや、商品開発を進めるにあたり、
何に気をつけなければならないのかを詳しく解説いたします。

<MEMU 調整中>

《休憩》15:30~16:00

第2部《広告表現編》16:00~17:30 

具体的な表現例を基に、何が問題となり、それをどのように表現するべきなのかを
詳しく解説いたします。

<MEMU 調整中>

場所

同志社大学東京サテライト・キャンパス
〒104-0031 東京都中央区京橋2丁目7番19号 京橋イーストビル3階

<交通アクセス>
・JR「東京」駅八重洲南口から徒歩6分
・地下鉄 東京メトロ銀座線「京橋」駅 6番出口から徒歩1分
・東京メトロ有楽町線「銀座一丁目」駅 7番出口から徒歩5分
・都営浅草線「宝町」駅 A5~A7出口から徒歩3分

<会場地図>

開催日時およびスケジュール

開催日:2020年5月18日(月)

時間 タイムスケジュール
13:30 – 14:00 受付
14:00 – 15:30 第1部『エビデンス篇』
15:30 – 16:00 休憩※15:30より第2部の受付を開始します。
16:00 – 17:30 第2部『広告表現編』
17:30 – 18:00 質疑応答

定員

各講座 80名

受講料

第1部 15,000円(税込)
第2部 15,000円(税込)
>>>お申し込みはこちらから

講師プロフィール

講師 柿野 賢一≪第1部≫柿野 賢一(有限会社健康栄養評価センター 代表取締役(医学博士))
九州大学農学部畜産学科卒。2002~13 年 九州大学大学院医学研究院予防医学分野(専修)。博士(医学):九州大学 医博乙第2712号
2008年 鹿児島大学理学部非常勤講師。2012年〜 ナチュラルメディシン・データベース研究会コーディネーター。日本癌学会、日本栄養改善学会、日本実験動物協会、Antioxidant Unit 研究会などに所属。医薬品 GLP 機関における安全性・薬理研究に従事した経験を活かし、様々な食品素材に関する基礎研究・ 臨床試験を通じた「攻めと防御のエビデンス構築」と研究指導をモットーとする。
講師 稲留 万希子≪第2部≫稲留 万希子(薬事法広告研究所 代表)

東京理科大学卒業後、大手医薬品卸会社を経て薬事法広告研究所の設立に参画、副代表を経て代表に就任。数々のサイトや広告物を見てきた経験を基に、“ルールを正しく理解し、味方につけることで売上につなげるアドバイス”をモットーとし、薬事広告コンサルタントとして活動中。日々、大型セミナーから企業内の勉強会まで、年間100本を越える講演をこなす。

>>>>お申込みはこちらから


ページトップへ