景品表示法とは?

一般消費者の利益を保護することを目的として制定された景品表示法について解説いたします。

景品表示法とは?

正式には不当景品類及び不当表示防止法といい、商品及び役務の取引に関連する不当な景品類及び
表示による顧客の誘引を防止するため、一般消費者による自主的かつ合理的な選択を阻害する
おそれのある行為の制限及び禁止について定めることにより、一般消費者の利益を保護することを
目的として定められた法律です。
 
商品やサービスの品質、内容、価格等を偽って表示をおこなうことを厳しく規制するとともに、
過大な景品類の提供を防ぐために景品類の最高額を制限することにより、消費者がより良い商品や
サービスを自主的かつ合理的に選べる環境を守るものです。
 

不当な表示の禁止について
過大な景品類の提供の禁止について

ページトップへ

l HOME  l 薬事コンサルティングについて  l セミナー情報  l 薬事法広告研究所とは?  l 薬事法について l